2020.06.10
ジュース事業のための、X-1とX-1miniの最適な選び方

Goodnature社のコールドプレスジュースマシンの導入を検討する際に、X-1とX-1miniのどちらに決めるべきかを判断が難しいでしょう。
この記事では、その難しい決断をより簡単にさせていきたいと思います。

X-1 Mini

X-1miniは次の2つの場合に最適です。1つ目は、ジュースを冷蔵庫に保存するためや配送するためにボトル入りにする場合。2つ目は、オーダーメイドをする場合です。

ボトルジュース

X-1miniは、Goodnature社の最小型マシンで、小規模のジュース生産に適したマシンで、冷蔵保存や配送のためのボトルジュースとしての用途がもっとも一般的です。
1日あたりの製造量は、ボトル20-200本を推奨しています。レシピや個々の作業スピードにより異なりますが、1時間あたりボトル20-30本の生産スピードが通常です。

Photo credit: @angelicahaymes on Instagram

オーダーメイドジュース

X-1miniは、しっかりとした作業スペースがあれば、オーダーメイドにも対応できます。
X-1 miniには、2種類のスピードがあり、最も速いスピードなら約2分間で生野菜・生果実をジュースにできます。
また、異なるレシピを行う際にはマシンを洗浄する必要がありますが、ステンレス製のカウンターにマシンを設置し、そこに排水口がある場合は、テーブルトップを汚すことなく洗浄できます。もし、洗浄スペースを確保するのが難しければ、X-1 miniでのオーダーメイド生産はベストな選択ではないかもしれません。

X-1

X-1は、最小限の準備と労働時間でより早く大量のジュースを作りたい場合に最適です。
もし1日あたりボトル150-180本を生産するジュースの卸売りや、その他ジュース事業を計画しているなら、X-1が最適です。
X-1は1日にボトル800本以上のジュースを生産することができます。
通常の作業環境では、1時間あたりボトル約80-100本の生産が可能です。
X-1を使用するための理想的な環境は、床の排水口がある業務用キッチンです。
その場で洗い流すことができ、床の排水溝がない場合でも、効率的に利用できます。
ただし、洗浄には少し時間がかかります。
また、マシンを使用する際に大きい音が出るため、キッチンに十分なスペースがない場合は、お客様がジュースやコーヒーを楽しむ場所への設置にはX-1は不向きかもしれません。

Photo credit: @greenbeejuicery on Instagram

X-1とX-1miniの併用

多くのお店や会社では、両方のマシンを使用しています。
X-1miniを使用すると、店舗型のジュースバーにとっては、ジュースを冷蔵庫に保管できるため、全種類作ることができます。しかし、お客様が多くのジュース配送やジュースクレンズパッケージを注文するなら、X-1miniでは、その注文に対応するのは難しいかもしれません。
X-1には以下ようなの素晴らしい点があります。
例えば、5人の友人グループが、3日間のクレンズをオーダーしたらどうでしょうか?
とても多くのジュースが必要になりますが、X-1があれば迅速にこの注文に対応でき、スタッフが他の業務にも手が回せるようになります。
X-1miniは少なくとも1バッチで350ml搾汁できるので、レシピ開発にとても役立ちます。一方、X-1の最小バッチは約1ガロ(約3.8リットル)のため、レシピ開発のためだけであると、材料の消費が多くなります。
このため、大量のジュースを作る必要がある場合でも、X-1購入者はX-1miniも好んで、使用しています。

<著者情報>

著者 : Charlie Wettlaufer

Instagram : @cwjuice
Youtube : ColdPressedTruth

Goodnature社 社長兼最高マーケティング責任者
ジュースコン共同創立者
ジュースメーカー協会 共同創立者

私は、生涯を通じて、ジュースを作り続けております。父が、1976年に油圧式ジュースプレスマシンを発明し、同年にGoodnature社を設立しました。
近隣農村の人々を招待して、りんごジュースを作り、その時の“りんごサイダーパーティー”には忘れなれない思い出を持っています。
今日に至るまで、当社Goodnature社のコールドプレスジュースマシンで作ったリンゴジュースを味わうと、体中に懐かしさが染み渡ります。

私自身、お客様にコールドプレスジュースの世界を案内することやコールドプレスジュース業界がどんなに楽しいかをお伝えすることに誇りを持っています。
最後に、私は、ジュースビジネス、ジュースマーケティング、ジュース技術について話すことが大好きです。

関連記事
BLOG
ブログ
CONTACT
お問い合わせ
お名前 *
電話番号 *
メールアドレス *
会社名 *
お問い合わせ内容 *
© FUN FOOD. ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社大泉工場
〒332-0004 埼玉県川口市領家5丁目4番1号
TEL / 048-222-1171
ジュース事業のための、X-1とX-1miniの最適な選び方
2020.06.10

Goodnature社のコールドプレスジュースマシンの導入を検討する際に、X-1とX-1miniのどちらに決めるべきかを判断が難しいでしょう。
この記事では、その難しい決断をより簡単にさせていきたいと思います。

X-1 Mini

X-1miniは次の2つの場合に最適です。1つ目は、ジュースを冷蔵庫に保存するためや配送するためにボトル入りにする場合。2つ目は、オーダーメイドをする場合です。

ボトルジュース

X-1miniは、Goodnature社の最小型マシンで、小規模のジュース生産に適したマシンで、冷蔵保存や配送のためのボトルジュースとしての用途がもっとも一般的です。
1日あたりの製造量は、ボトル20-200本を推奨しています。レシピや個々の作業スピードにより異なりますが、1時間あたりボトル20-30本の生産スピードが通常です。

Photo credit: @angelicahaymes on Instagram

オーダーメイドジュース

X-1miniは、しっかりとした作業スペースがあれば、オーダーメイドにも対応できます。
X-1 miniには、2種類のスピードがあり、最も速いスピードなら約2分間で生野菜・生果実をジュースにできます。
また、異なるレシピを行う際にはマシンを洗浄する必要がありますが、ステンレス製のカウンターにマシンを設置し、そこに排水口がある場合は、テーブルトップを汚すことなく洗浄できます。もし、洗浄スペースを確保するのが難しければ、X-1 miniでのオーダーメイド生産はベストな選択ではないかもしれません。

X-1

X-1は、最小限の準備と労働時間でより早く大量のジュースを作りたい場合に最適です。
もし1日あたりボトル150-180本を生産するジュースの卸売りや、その他ジュース事業を計画しているなら、X-1が最適です。
X-1は1日にボトル800本以上のジュースを生産することができます。
通常の作業環境では、1時間あたりボトル約80-100本の生産が可能です。
X-1を使用するための理想的な環境は、床の排水口がある業務用キッチンです。
その場で洗い流すことができ、床の排水溝がない場合でも、効率的に利用できます。
ただし、洗浄には少し時間がかかります。
また、マシンを使用する際に大きい音が出るため、キッチンに十分なスペースがない場合は、お客様がジュースやコーヒーを楽しむ場所への設置にはX-1は不向きかもしれません。

Photo credit: @greenbeejuicery on Instagram

X-1とX-1miniの併用

多くのお店や会社では、両方のマシンを使用しています。
X-1miniを使用すると、店舗型のジュースバーにとっては、ジュースを冷蔵庫に保管できるため、全種類作ることができます。しかし、お客様が多くのジュース配送やジュースクレンズパッケージを注文するなら、X-1miniでは、その注文に対応するのは難しいかもしれません。
X-1には以下ようなの素晴らしい点があります。
例えば、5人の友人グループが、3日間のクレンズをオーダーしたらどうでしょうか?
とても多くのジュースが必要になりますが、X-1があれば迅速にこの注文に対応でき、スタッフが他の業務にも手が回せるようになります。
X-1miniは少なくとも1バッチで350ml搾汁できるので、レシピ開発にとても役立ちます。一方、X-1の最小バッチは約1ガロ(約3.8リットル)のため、レシピ開発のためだけであると、材料の消費が多くなります。
このため、大量のジュースを作る必要がある場合でも、X-1購入者はX-1miniも好んで、使用しています。

<著者情報>

著者 : Charlie Wettlaufer

Instagram : @cwjuice
Youtube : ColdPressedTruth

Goodnature社 社長兼最高マーケティング責任者
ジュースコン共同創立者
ジュースメーカー協会 共同創立者

私は、生涯を通じて、ジュースを作り続けております。父が、1976年に油圧式ジュースプレスマシンを発明し、同年にGoodnature社を設立しました。
近隣農村の人々を招待して、りんごジュースを作り、その時の“りんごサイダーパーティー”には忘れなれない思い出を持っています。
今日に至るまで、当社Goodnature社のコールドプレスジュースマシンで作ったリンゴジュースを味わうと、体中に懐かしさが染み渡ります。

私自身、お客様にコールドプレスジュースの世界を案内することやコールドプレスジュース業界がどんなに楽しいかをお伝えすることに誇りを持っています。
最後に、私は、ジュースビジネス、ジュースマーケティング、ジュース技術について話すことが大好きです。

関連記事
CONTACT
NEWS
ABOUT
PRODUCT
BUSINESS
BLOG
ブログ
CONTACT
お問い合わせ
お名前
会社名
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ内容
© ORGANIC WORKS. ALL RIGHTS RESERVED.
株式会社大泉工場
〒332-0004 埼玉県川口市領家5丁目4番1号
TEL / 048-222-1171